• ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン

Tokyo Africa Collection 2019

September 1st 2019 at Yurakucho Asahi Hall

2019年9月1日(日)| 有楽町朝日ホール

​満員御礼

© 2019 by Tokyo Africa Collection

 

 

ミス東大・篠原梨菜さんが語る

Tokyo Africa Collectionの魅力

篠原 梨菜

ミス東大2016グランプリ。Qさま!(テレビ朝日)、ネプリーグ(フジテレビ)、朝の情報番組等テレビ出演多数。東大美女図鑑モデル。Tokyo Africa Collection 2016にモデルとして出演。

Tokyo Africa Collection 2016にモデルとして出演して頂いたミス東大2016グランプリの篠原梨菜さんに、ショー出演の感想やご自身の活動について伺いました。

 

―――Tokyo Africa Collection出演後、環境の変化はありましたか?

 

ミス東大でグランプリを取ったり、本格的に芸能活動をはじめたりして、大きな環境の変化がありました。私は大勢の友達とわいわいというより、もともと内向的でインドア派だし、できる限り家で寝ていたいといったような、少ない友達とまったりするタイプの人間でした。

 

でも、Tokyo Africa Collectionのステージに出たこともそうですが、面白そうだなと思うこと、やったことのないことにチャレンジするのがとても楽しく、また、そんな中で、いろいろな人としゃべったりすることも楽しいんだなと気づきました。今は思いがけない方向に自分が転がっていくチャンスを大事にしたいなと思っています。芸能関係の仕事に加えて、いろいろな人に会ったり、違うものとふれあうことを大事にしています。元々緊張しいだったのですが、最近ようやく肝が据わってきました。

 

―――Tokyo Africa Collection 2016はどのような印象でしたか?

 

モダンでおしゃれなかんじがしました。出演のお話を頂いたときに想像していたのは、民族感というか、それはそれで魅力があると思うのですが、既存のアフリカのステレオタイプのようなものを、ショーの雰囲気として想像しました。実際は民族衣装のショーではなく、アフリカ諸国の魅力を服や演出で表現したものでした。ショーの雰囲気は、想像以上におしゃれで、民族衣装だけでは表現できない、アフリカの知られていない一面を感じることができました。現代を、「今はどうなのか」というところを感じられるショーでした。

 

私が担当した南スーダンも、想像していたイメージと違ったので良い意味でびっくりしました。知らなかった南スーダンの魅力を知ることができて、また、それを伝える手助けができてよかったです。他にもモロッコなどは、デザイナーの方の再構築というか、創意工夫がすごく、印象に残っています。全体的に服にメッセージ性もあり、とても良い学びになりました。 

―――アフリカに対するイメージの変化はありましたか?

 

アフリカの印象はかなり変わりました。ショーに出演するまでは知識が先行して、どうしても民族なイメージだったり、戦争や貧困だったりという印象が強かったです。Tokyo Africa Collectionを通してアフリカを、そういう切り口じゃない、若者やファッションという視点などでもみれるようになりました。

 

―――周囲の反応を教えてください。

 

自分の友達だから、ミスコンに出ているモデルさんが出演するから、という理由で見に来てくれた友達や知り合いもいました。ショーに来てもらう前は、アフリカをテーマにしたファッションショーを楽しめるのかどうか懐疑的な方も多かったです。でもみんな実際に見に来てみてびっくりした、楽しめたと言っていました。表現として服がとてもすごく、思っていたのとよい意味で違っていたそうです。

 

出演後も、周囲にショーのことを話すと、「アフリカのショーに出たの?」とびっくりされることもありました。だいたいアフリカをテーマにしたファッションショーと言うと、民族衣装しかイメージがない状態です。でもショーの内容を説明すると、その真新しさにに良い意味で驚いてくれました。実際にショーは良い意味で、期待を裏切っていたと思います。アフリカはどうしても固定化されたイメージがつきまとい、だからこそショーで伝えたアフリカの隠された側面に純粋に良い意味でびっくりしました。

 

元からアフリカに関わっている人で、ショーを見に来ていただいた方も良かったと、アフリカコミュニティは限られているから、間口を広げる機会になるという意味でとてもうれしいと言ってくれました。

―――次回のショーに期待するところはありますか

 

いくらアフリカの新しい側面を服で表現といっても、層としてどれくらいの人のが興味をもってくれるのかわからないところはあります。しかし、今回は追加で、東京×アフリカというコンセプトでも服をつくると聞きました。東京という要素が入ることで、興味を持つ層がまた増えるのではないかと思います。より親しみやすくなるはずです。それが、アフリカとつながるきっかけになれば良いなと思います。Tokyo Africa Collection 2016も単純にファッションショーとしてとても見ごたえがありました。次のTokyo Africa Collection 2018もきっと面白く、ファッションに興味がある人にとっても視野が広がる機会になると思います。

Interviewed and written by Leo Sugo

 

​ー

各大学のミスコンモデルがランウェイを飾るTokyo Africa Collection 2018 Summerは、2018年8月19日(日)浅草橋ヒューリックホールにて開催されます(14:30開場/15:00開演 17:00終了)。チケット前売り券は好評発売中!お誘いあわせの上是非お越しください。